« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

柴犬てつを探せ!

みい・てつママです。

さ~あクイズです。てつはどこにいるでしょうか?

柴犬てつを探せ!

034

てつはどこ~。

う~ん・・・。

『ねぇねぇ!てつはここですよ~。みなさんはすぐわかるよね~ぇ』

あまりの落ち葉の色とてつの柴犬色が同じで・・・。

主人がいないとてつがどこにいるか分からくなるくらいで・・・。

037

ほらぁ

てつは葉っぱの色とおなじなのです~。

てつはど~こですか?

038_2 てつは確実にここにいますから・・・。

てつお腹が白いからお腹を出すとわかるよ!

039 こんな感じですか~

てつ発見!

超気付くの遅い。

すいません。

こうやって歩くことはできませんので・・・。

皆さんはてつを探せましたか・・・?

皆さんはすぐにわかるはずだよ。

母はいつも大げさなんだから。

ブログネタですいません。

今後もよろしくね。

こんな秋晴れの日曜日でした。

★その時のみいは★

014_2_3

みいは昨日ばばちゃんの家に泊っていて朝一番でばばちゃんと紅葉狩りに行ってきたのでママが誘っても

『朝いったからいかないよぅ!』

と断られてしまいました。

今度はママにも付き合ってくださいね。

ではまた。

| | コメント (7)

2007年10月27日 (土)

紅葉狩りのてつ

こんばんわんわん!てつです。

今日は劇団みい座は久々のおやすみで・・・。母と一緒に紅葉狩りに行きました。

016 いつもの散歩コースです。

今が一番奇麗でいい感じ・・・

024_2 黄色いジュータンの上を歩いているようで・・・

母、てつ・・・もしかするとアカデミー賞とれるかも。

夢は大きくね。

うん!

017 十和田湖の紅葉は今が見ごろとテレビで行っていましたが・・・

母、行かないの?

混んでいて大変だから・・・

近くの公園が一番です。

てつは何処でもお出かけ出来ればOKです。

みなさん青森の紅葉は見頃ですので是非遊びに来てくださいね。

みいはばばちゃんとさっさと先に行ってしまいました。

み~い!まて~ぇ~

ではまたワン!

018

| | コメント (4)

2007年10月23日 (火)

劇団みい座『浦島てつ太郎』

昔、むかしあるところに浦島てつ太郎と言う猟師をしている好青年がおりました。

041 どうもどうも~柴犬てつで~す。今回は好青年役です。

009_2

ある日、バルタン星人達にいじめられていたタートルの前を通りがかったのでした。

君たち、やめたまえ!よっ、大根役者

そう言いバルタ020ン星人をやつけてしまいました。

てつ太郎くんありがとう・・・

021

いいえどういたしまして・・・。

数日後、一人のママさんが舟で浜に漕ぎ寄せて自分はタートルの使いとして浦島てつ太郎を迎えに来ました。

てつ太郎は驚き『バルタン星人の逆襲か・・・』と不安をいだきました。

『大丈夫です。この前のタートルの使いですのでご安心を』

なんで私はいつも変な役なんでしょうか?座長!たまには違う役をください~

この前、タートルを逃がしてくれた礼をしたいと伝え、てつ太郎はそのママさんと舟に乗り大きな宮殿に迎えられました。

龍宮城だ~ぁ!

034

てつ太郎様ようこそ龍宮城へ・・・

私はここの姫のみいと申します。

みい姫耳が赤いよ~

タートルを助けていただき大変ありがとう御座いました。

025

お礼に歌や踊り豪華な食事などで、おもてなしをしたいのでごゆるりとしてください。

みい姫さまありがとう御座いますせっかくなので遠慮なくゴッチになりま~す。

てつ太郎は、ここでみい姫と3年暮らしていましたが、両親が心配になり帰りたいと姫に申し出ました。

姫はとても悲しみ引き止めましたがてつ太郎は言う事をききません。

028_2

みい姫は自分は実はてつ太郎に助けられたタートルであったことを明かしとても大切な「ひよこ玉手箱」を手渡しました。

てつ太郎さまこのひよこ玉手箱は絶対に空けないでください。

030

なんで~美味しいのがはいっているのに~!

あなたには食べさせたくないの本当は・・・。

本音だ・・・

てつ太郎は元住んでいた浜にたどり着くが村は消え果ていました。

ある一軒家で浦島家の事を尋ねると近くにあった古い塚がそのてつ太郎と両親の墓だと教えられ驚きました。

龍宮城の3年はこちらでは30年たっておりました。

絶望しお腹の空いたてつ太郎はひよこ玉手箱をあけてしましました。

三筋の煙が立ち、てつ太郎はムーディー鉄山になってしまいました。

004 ちゃらちゃっちゃっちゃらっちゃあ~

おしまい

| | コメント (4)

2007年10月22日 (月)

劇団みい座『てっちゅんのお宿』

昔むかしあるところに心優しいみいお爺さん(柴犬みい)がおりました。

おじいさんが歩いていると小さいすずめが怪我をしていました。

034_2

『おやま~かわいそうに・・・お家で手当てをしてあげるからおいで・・・』と助けました

かわいいすずめじゃあ~名前をつけてあげよう。

『てっちゅん』と呼ぼう・・・(柴犬てつ)

どうもどうもてつで~す。ちっちゃいときで~す。

そうするとそれを見ていたママお婆さんがやきもちをやき。

てっちゅんにご飯をあげませんでした。

013

おなかの空いたてっちゅんはママお婆さんのご飯を食べてしまったのです。

怒ったママお婆さんはまたてっちゅんの顔に眉をかいてしまったのです。

『いやだ~』といいてっちゅんはどこかに行ってしまったのでした。

018_5

みいお爺さんはそれを聞き心配しててっちゅんを探しにいきました。

いろんな人たちに聞きやっとのことでてっちゅんのお宿まで行きました。

017_3

『てっちゅんいますか~?どこですか~?てっちゅんのお宿はどこですか~』

『みいお爺さんここですよ~お宿はこちらです。』

001

てっちゅんが出てきて『みいお爺さんてっちゅんを心配し、探しに来てくれたんですね~』と喜びご馳走してくれました。

帰りにお土産として大きなつづら・小さなつづらのどちらかを持っていくようにといわれ。

みいお爺さんは即決で小さいつづらをえらびました。

022

家に帰ってつづらを見るとなんとみいお爺さんの好きなおやつが入っていました。

024

それを聞いた欲張りなママお婆さんは自分も行き大きなつづらをとり持って帰る途中に休んでいましたが・・

どうしても中を見たくなりあけたら妖怪が詰まっており腰を抜かしてしまいました。

『超~怖ぇ!・・・妖怪の目がひかっている~こっちみてるよ~』

050

ママお婆さんは自分のしたことを反省し心を入替えてっちゅんとしあわせにくらしたとさぁ~。

おしまい

★主演てっちゅん役てつより★

まだまだ未熟ですが頑張ります!

目指すは釣りバカの浜ちゃんです。

皆さんリクエスト受付中ですのでよろしくお願いいたします!

コメント受付中~。

気軽にコメントくださ~い。

てつより・・・ではまた。

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

劇団みい座『花咲かみいちゃん』

むかーしむかし心安らかで堅実に暮らす心優しいみいちゃん

007































(柴犬みい)が、一匹の小さな茶色い柴犬てつを拾いわが子同然にかわいがって育てておりました。

150

































『僕、赤ちゃん時の柴犬てつです。 』

あるとき柴犬てつは、公園の土を掘りながら「ここ掘れシバワン・シバワン」と鳴き始めた所、

011
















焼きそばやおでんがザックザク・・・。

つぎの日も「ここ掘れシバワン・シバワン」とてつ・・・

022











『みいちゃん~
小判ですよ~』菊の花ですが、青森は今が旬!)







みいちゃんは喜んで近所に振る舞いました。『どうぞ・どうぞ食べてくださいな。』

それを見た隣のママ様は無理やり柴犬てつを連れ去り、食料を探させようと柴犬てつをいつも公園に連れて行きました。そうしたらママ様はいたるところを柴犬てつに堀らせました。

007_3



















そうするとゴミが沢山、出てきました。

『僕のおもちゃでゴミではありませんよ~。』



003_2





ママ様は怒りてつの顔に眉を書いてしまったのです。

017
















んな屈辱的なことをされた柴犬てつは、ママ様にわからないようにみいちゃん家に逃げました。

みいちゃんはママ様にわからぬように柴犬てつをお部屋に住まわせて見えぬようにしました。

026



















ママ様は柴犬てつが帰ってこないとみいちゃんに言いましたが『私は知らない・・・』と言いママ様をだます為に、柴犬てつのいた所に木を植えました。

その木が大きくなったころ、柴犬てつは木の皮でかごを作るようにいいました。

037_2











みいちゃんはそのかごで買い物をするたび小銭があふれ出た。

『てつの貯金箱ですが・・・いくら劇でも勝手にあけないで・・・』

再びママ様は難癖をつけてかごを借り受けるが、出てくるのはレシートばかりで怒ってかごを燃やしてしまいました。

044


















みいちゃんはその灰を持って帰りました。

そうしたら柴犬てつが枯れ木に灰を撒いてほしいと頼み、その言葉に従がいました。

『枯れ木に花を咲かせましょう~パラ・・・パラ・・・』




なんとしたことか桜の花が満開になりました。001004































たまたま通りがかったパパ大名が感動してみいちゃんをほめて褒美を与えました。

やはりまた、ママ様がまねをするが、

002


















花が咲くどころか大名の目に灰が入りママ様は無礼をとがめられて罰金を受けてしまったのでした。

『全然花がさきませんね~』

パパ大名はその罰金を一生懸命みいちゃんのためにした柴犬てつにご褒美としてあげました。

024




















『てつは、ラッキーでした。もちろん貯金箱にいれますよ~
ありがとう』

おしまい。

★みい座長より★

Natsuパパ様のリクエストにより演じてみました。

演じるのがこんなに大変だと思いませんでしたがこれからも芸を磨くようがんばります。

| | コメント (6)

2007年10月15日 (月)

劇団みい座『柴犬、みい雪姫物語』

むかしむかし、柴犬、みい雪姫(柴犬みい)というとてもかわいらしいお姫様がいました。

518









みい雪姫のお母さんは遠くにいるので、今は新しいママ様が義理のお母さん(みい・てつママ)になっていました。 ママ様は自分よりかわいい人がいることが、くやしいのです。

ママ様は、ふしぎな柴わんこてつを飼ってました。

てつよてつ、この国でいちばんかわいいのはだれ?」

041_2









  はい、はい、てつで~す。どうも、どうも・・・。

ママ様、この国で一番かわいいのは仕方がない、あなたかも?お世辞ですが・・・

と答えるのでした。すると、ママ様は満足しました。

みい雪姫はすくすくと成長し、どんどん可愛くなっていきました。

そしてある日「てつよてつ、この国でいちばん可愛いのはだれ?」

またですか~

ママ様、この国で一番可愛いのはみい雪姫です。と、答えました。

ママ様は、そのときからというもの、みい雪姫にやきもちをやくようになりました。

ママ様は、ばばちゃん猟師にみい雪姫の顔に眉を書くように命じました。005_2

007










かわいそうに思ったばばちゃん猟師は、姫をかくまいました。

「ばばちゃん猟師はみい雪姫のみかたですよ。」

姫は森の中で、7匹の動物たちにかくまってもらいました。

そして動物たちは朝出かけるときに言いました。

034_2














ママ様に気をつけて。きっと君がここにいることにもうじき気がつくにちがいない。決して誰が来ても相手にしてはいけないよ

ママ様は、またてつにきいてみました。

ママ様シツコイですね~

7匹の動物のところのみい雪姫は、あなたよりず~と可愛いです。

と答えたので、ママ様はびっくりしました。

ママ様は部屋に閉じこもると、嘘のりんごを作り、できあがると、森の中へ行きみい雪姫に言いました。

「とてもおいしそうなりんごでしょう? さあ、一つ食べてみて?」

017






そんな嘘のリンゴは、動物たちと約束しているから、もらう事はできないです

そうは言ったものの、みい雪姫はりんごがほしくてたまりませんでした。

039
















とうとう我慢できなくなってそのりんごを受け取り食べてしまいました。

023

















それを口にするや否や、
眠ってしまったのです。

ママ様は城にもどると、急いでてつにききました。するとてつは答えました。

023_2


















またですか~いい加減にしてください。チーン!

ママ様、可愛いのは(不本意で仕方がないてつです。)あなたです。ばかじゃないのか~トホホ・・・

家に帰ってきた動物たちは、驚き、みい雪姫が眠りから覚めるように励ましました。

056










あるとき、パパ王子がみい雪姫を見て、動物に看病したいと頼みました。

066










パパ王子が家来のてつ(てつはなんでもやりまーす!)にお家へと運ばせる途中、つまずいて、そのはずみに、みい雪姫の、喉から嘘のりんごが飛び出しました。

すると、みい雪姫は眠りからさめ、元気になったのです。

057

















よろこんだパパ王子は、みい雪姫に今までのことを話し、
いっしょにパパ王子のお家へと帰りました。

026


















ママ様はてつの前に立ち、

「てつよてつ、この国でいちばん可愛いいのはだれ?」

すると、てつは、

ブチッ!しつこいぞ~

024_2
 













 「パパ王子と一緒にいるみい雪姫は、あなたよりず~と可愛いいです。

というではありませんか。

ママ様は、パパ王子の家に行きみい雪姫を見に行きました。

可愛く心優しいみい雪姫なのでした。

ママ様はかわいいのはわたしじゃないと気付き、心を入れ替え優しくなりました。

おしまい。

この物語はフィクションです。

★座長みいより★

初めての主役・座長を務めましたいかがでしたでしょうか?

機会があれば違うお芝居も演じたいのでこれからもよろしくね。

| | コメント (4)

2007年10月14日 (日)

スポーツを楽しんだママ

今晩はみい・てつママです。

昨日は会社の社長の誕生日記念パークゴルフ大会がありました。

昨年の手術からスポーツは控えてきましたがせっかくなので参加しました。

019

八甲田山の麓ですが山は紅葉できれいで

コースの脇の森は少しずつ色好き始めました。

しかしコースの芝生はまだまだ青い

久しぶりで超きもちいい~

コースを半分回った後はスタミナ切れ・・・

毎日の犬の散歩トレーニングをもっと強化しないとと感じました。

一緒に回った取引先の奥さんと私に何かあるといけないので主人も参加し3人のチームでコースを回りました。

奥さんはマイクラブを持参でかなりうまいので素晴らしいショットをご紹介いたします。

018 女性や年配の方でも楽しめる気軽なスポーツでなかなか面白い。

全部で36ホールありますが、普通のゴルフと違いプレー代が安い

1日好きなだけいてなんと500円貸しクラブは300円と手ごろなスポーツであります。

021 夕方近いのであまり人がおりませんが、森林浴を楽しんだママでした。

その頃、みいはばばちゃんの所にお泊りでてつは家でお留守番しておりました。

みいは発作があると大変なのでばばちゃんの所が安心なのです。

047 てつ遅くなって、ごめんよ・・・・

そんなにいじけないでくれよ~

今度は一緒に連れていくからよ・・・

次は絶対だからね・・・

はい。

てつに怒られた日でありましたが久々のスポーツはとても楽しかったです。

ママのスポーツの秋でした。さっぱりした~

| | コメント (6)

2007年10月 9日 (火)

はめられた・・・(苦笑)

今晩は。みい・てつママです。

昨日の祝日に主人が『みい・てつでかけるよ~』と

父、どこに行くの?

八戸市にドックカフェがあるから行ってみるぞ!

行く行く・・・

058 059父、 ばばちゃん誘ってもいい?

いいよ。

やった~!

車で1時間位のところで

外観はかなりウッティーな感じで入口はちょっと入りずらいかなぁ~

けどママは勇気をだして中へ入りました。

067 店内もウッティーな感じできれいでした。 062

かなり広くテーブルは10ヶ位でカウンターもありました。

日中はカフェで夜は居酒屋・バーになるようです。

063

家のわんこ達は、他に行くとかなりのお利口さん

なぜ~

みいはばばちゃんと一緒だからお姉ちゃん姿を自慢し、てつは上品なわんこ座り・・・

ばばちゃんと一緒だとこんなにいい子なのね~

いつもそうしてくれ~頼む・・・(ママの嘆き)

065 本当に外面がいいんですよ!

いろんな人たちにラブラブビーム全快なんです。

トホホ・・・

多分、主人に似たんですね。

やば~い、怒られる・・・(笑)

せっかくなのでみい・てつにもお食事を・・

みいにはわんこご飯とてつはわんこケーキを注文しました。

お姉さんが持って来てくれた瞬間凄い勢いで食べまくるみい・てつでありました。

おそるべし。

083 086

わんこご飯はチキンベースなので

てつはアトピーがあり微妙なのでケーキにしましたが

美味しそうにたべていました。

みいはもちろん完食。『もう少し食べたい』とおねだりモード

069 

てつは『みいばっかり美味しいの食べて』といじけモードでした

主人が『また、ばばちゃんと一緒に来ようね。みい・てつ』だって。

もちろんです』と喜ぶわんこ達でした。

カフェから出て車に乗り込んだら

主人が帰りに『市場によってもいいですか?』との事

機嫌の良いわたし達は『Yes!』と

主人は早速市場へ向い、真剣に品定め・・・

どうしたの?

主人が1山の蟹を買ってきました。

089 『全部で7匹まとめて¥1500-どうだ~』と・・・

買い物上手な主人ですが、こんなにどうするの?

『どうしても食べたかったんだ~、身も詰まっていて超うまいぞ~』とご満悦

もちろんわがやの夕ごはんは、蟹の食べ放題になってしまいました・・・が・・・

実はママ、蟹はちょっと苦手で・・・かんべんして~。

主人はドックカフェより最初っから蟹狙いだったようです。

はめられた・・・(苦笑)

こんな楽しい祝日でありました。

ではまた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

犯人は僕です。

こんにちは。みい・てつママです。

昨日はとても素晴らしい秋晴れ!

しかし主人は朝早くゴルフに行ってしまい

私は掃除日和だと思い朝からみい・てつの事を構わず思いっきり掃除機をかけていた所001

お菓子箱がテーブルよりおちている・・・

なぜ?

掃除機がぶつかったかな~

でも・・・

006 母~犯人は僕です。

てつの手元にあるのはビールのおつまみじゃないですか?

そうなの僕にはチーズにしか見えませんが・・・

それがおつまみなんですよ。

母、あけて・・・

みいに見つかると怒られるよ、

005

みいに見つからないうちに早く・・・

わかったよ今あけるから・・・

みいにばれないように静かにね。

はいはいっ!どうぞ

009 美味し~い。

父・母はこんな美味しいのを食べてるのね~

いいじゃんべつに・・・

みいに教えるから

教えたら食べたのばれちゃうよ!

あっそうだった・・

みいはこの頃食べすぎで食事制限中だもんね。

これ以上太るとまずいから・・・

かわいそうにじゃあ僕が代りに食べてあげるよ!

おいおい

てつはあまりの美味しさに訳が分からなくなったようです。

みいはその時リラックスモードで寝ていました。

038 

みいちゃん腹冷えちゃうよ

・・・・・無視!

・・・・・・。

どうせ食べちゃいけないから・・・(つぶやき)

なぜかみいにばればれであった。

みいごめんね。

ではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

てつと噴水!

こんばんワン!てつです。

今日は母といつもの公園に行きました。

同じ時間なのに暗くなるのが早くなった・・・

019_2

噴水の女神 ひかりさん今晩は!

今晩は

この頃寒くなってきましたね。

そうですね。

018_2 

それじゃいつも通り噴水を一周しようかな。

ねぇ~、てつくんこの前ママさんに叱られていたね。

ひかりさん知ってたの・・・

えぇ

なんで~

今日は噴水の水がきれいですが、

この前は赤くドロドロでしたよねぇ。

そう言えばそうです。

ママさんが端を歩いちゃぁいけないよと言っていたのにもかかわらず・・・・

言うことを聞かず足を滑らせて『どぼっ!』と落ちちゃったんだよね~ぇ

ぷぷっ・・・(笑)

その通りでございます。

てつくん災難でしたね。

母に超~怒られたんだ。

あの時はみいもいて、僕が落ちたら母がびっくりして『ぎゃぁ~』って言ったら

みいも驚いて『どぼっ!』ておちたんだよ~

家に帰ってから足を洗いましたが、臭い匂いがとれなかった。

今日はママさんの言う事を聞いて気を付けて歩いてね。

わかっております。

015 017_2

今日は落ちないように慎重に歩くので、ご心配なく。

でもその日は母がバカうけしていまい、父に笑って報告していたんだよ。

軽薄な飼い主です。トホホ・・・

皆さん噴水と軽薄な飼い主には注意して下さいね。

ブログのネタになりますから~残念!(古い)

ではまたワン!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

癒されたい~。

今晩は!みい・てつママです。

今日はみいてつのため、気分転換に違う公園に行ってきました。

みいてつ違う公園ですよ~

028 母いつもの噴水と違いますね・・・

ひかりさんがいないよ!

今日は違う公園ですから~

ふん~

なんかのりが悪いですね!

母、ブログのネタがほしいでしょう~

なんで・・・なぜわかる?

何となく気分転換なんて怪しい・・・。

いいから~いいから~♪

次はひかりさんのようなブロンズ像があるところへ行きましょう。

どこですか~。

023_2 ここですか~↓

なんだよそれ~官庁街馬子(カンチョウガイウマコ)さん家ですけど、なにか?

だってばばちゃんが時々遊びに連れてきて、くれるから・・・

ホントに?

みんなお友達ですよ。

なんだよ~

母はいつもおくれていますねぇ。

厳し~!

≪いつもの公園から少し歩くと官庁街と言う通りがあります。

桜並木でとてもきれいですが馬のブロンズ像があり市民の憩いの場になっております。とても素敵な通りですよ!≫

017_2 

君たちが楽しめるといいのになあと思い連れてきたのに・・・

馬子さんとお話したの?

したよ!

母は、私たちとばばの事を把握していないのね~

仕方ないなぁ~

お仕事があるもんねぇ~

お前達、いやみだな~

母の方が仕事が忙しく気分転換したかったのね~!

みい、その通りでございます。

母、癒された~?

お陰様で・・・みい・てつ付き合わせてすいませんでした。

心やさしいわんこ達と一緒でママはうれしいです~

けど・・・

家に帰ってきたみい・てつはママの言うことは聞かず大暴れでした。

さっきの優しい君たちは・・・どこに行った?

031 033

勘弁してくれぇ・・・私に癒しは~?

トホホ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »